顔層筋メソッドでほうれい線を薄くする方法

つかえるテレビで紹介された中辻正先生の顔層筋メソッドは3つの表情菌を刺激することでほうれい線を薄くする方法です。


所要時間はたったの2分♪


人差し指・中指・薬指の3本の指の腹を使って行います。爪の長い方は、手をグーにして、第二関節でマッサージしてくださいね。


筋肉は何歳になっても若返らせることができます。顔層筋メソッドでお顔の凝り固まった筋肉をほぐして弾力とはりのある美肌を目指しましょう♪私も実践していますが、数日でお肌が綺麗になったことに驚きました!!


顔層筋メソッド


1.口輪筋(こうりんきん)を刺激


口の周りの筋肉が口輪筋です。


指の腹を肌の上から歯ぐきに押し当てるような感覚で左右に10回ずつまわします。


この時大事なのは、皮膚をこするのではなく、表情筋を感じながらほぐすことが大切です。



2.咬筋(こうきん)を刺激


ほほ骨からあごにかけて縦に走っている筋肉が咬筋です。


この咬筋を左右3箇所左右方向に10回ずつほぐします。


(耳の横から左右(横方向)に10回指で刺激、その下を左右に10回、その下を左右に10回の3箇所)



3.大小頬骨筋を刺激


ほほの肉を引き上げる大小頬骨筋。


頬骨のすぐ下とほうれい線の上の2箇所を斜めに10回ずつもみほぐす。


かたく痛気持ちいい場所があれば、筋肉が凝り固まっている証拠。


回数を20回に増やしてもみほぐしてあげましょう。


この方法を朝の洗顔の時、夜のお風呂に入ったついでに1日2回行えば、5日で表情筋はよみがえりほうれい線をとることができます。

人気ブログランキングへ⇒応援クリックお願いしますハートたち(複数ハート)
【スポンサードリンク】
posted by 美肌スキンケア.jp at 19:49 | 美肌を作るマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。